Q&A

母乳不足の基準って?

授乳中

 

母乳が足り無い。
そう考えているお母さんはたくさんいらっしゃいます。

 

では、その不足している方へ質問です。
「どれくらい不足していますか?」

 

答えられる方ってほとんどいないと思います。と言うのも、明確な基準なんてないからです。

 

100mlそれとも200ml不足していますか?

 

これがなかなか難しいのです。

 

母乳って1回の授乳でさえも、濃さが変化するのをご存知でしょうか?
飲み始めと終わり頃とでは濃度が異なるのです。

 

母乳の量が、多いとか少ないと言われていますが、
「私って出る量が少ないけど、赤ちゃんは体重が増えるんです」という経験のあるかもいると思います。

 

これは母乳の濃度、成分も大きく関係してくるからです。ミルクって決まった分量を与えれば成分も同じですが、母乳はそうではないのです。

 

赤ちゃんの生育に合わせたり、その時によって濃さが変わるのです。

 

「母乳の濃度!?」
「はい。母乳はスーパーで売っている牛乳と違って濃度が変化するんです!」

 

単純にミルクのと同じ量だけで、評価するのはあまり意味がありません。

 

赤ちゃんがすくすくと育っていれば、母乳は十分に足りています。1回の量が多い少ないという自己評価は止めましょう。

 

  • 量ではなく、赤ちゃんの生育具合で判断。
スポンサーリンク

出るようになったら喜んでくれた

体重計
私は大きな勘違いをしていた時があります。

 

あまり母乳が出ないから、不足しているに違いないと勝手な思い込みをしていました。この判断が最初は分からなくて1人で悩んでいました。

 

でも今ならよく考えてみれば、我が子の体重が減っていなければ、おっぱいは足りているということですね。

 

つい張りがあるとかで判断してしまいがちですが、体重を量って増えていれば十分に足りていたのです。

 

あまり吸っていないと思っても、思った以上に出ている場合もあるので、基準を間違わないよにしないといけないと分かりました。

 

不足だと思った。 ⇒ ミルクを足す ではなく、
体重が減少または増えない ⇒ ミルクを足す。

 

このような基準が大事だと思います。

 

すごく心配になるのですが、落ち着いて考える余がないのが一番治さないといけないですね。

 

 

体重計

おっぱいに満足してくれるようになったら、すごく笑ってくれるようになりました。

 

いまでもぐずりますが、お腹がいっぱいになるとしばらくすると、疲れるのかすぐに寝てしまいます。哺乳瓶と違って、飲むのに凄い力を使うみたいです。

 

出ないからと、すぐにミルクを飲ませてしまうと、吸えば簡単にでるので母乳を飲むのを嫌がるそうなので、できる限りミルクはあげないようにしています。

 

一度やりぐせがつくと、もう楽な方にいってしまうようです。

 

人って赤ちゃんの頃から、楽な方に行こうとするんですね。気を付けなくちゃ。

 

あんまり楽していると、将来、社会に出たときに大変な思いをするから、いまから大変だよって教えて上げた方が、強い子に育つといいます。育児は私もすごい勉強になります。

 

量よりも濃さが大事

さっき少し触れたのですが、母乳はたくさんでても、中に含まれている成分が薄いときもあれば、量が少なくても濃厚な時もあります。

 

濃さはもちろん自分では変えられませんが、自然と体が調節してくれます。あまりでないことで悩むのはやめた方が良いでしょう。

 

赤ちゃんが極端な低体重にでもなっていなければ、それほど難しく考える必要があります。心配でしたら、病院で相談すると良いでしょう。

 

これはちょっと裏話になるのですが、病院ではミルクメーカーなどのしがらみがあります。

 

海外の話しですが、病院にメーカーが補助金などを渡しているので、日本でも同じことが言えるかもしれません。「母乳がでなければミルクを与えてください。」という流れになるかもしれません。

 

とくにこの手の商売は、補助金ビジネスとして海外では盛んに行われています。病院も子供が減って運営が大変ですからね。

 

たんぽぽ茶を飲んでから出るようになりました。

最初は少しでていたのですが、その後は出なくなりました。産後、かなり意気込んで頂けにショックが大きかったです。

 

なんとかもっとたくさん母乳を飲ませてあげたくて、マッサージもしましたが、私はタンポポ茶で水分補給をしたのが良かったんだと実感しています。

 

またあきらめずに、いつも乳首を口にくわえさせてあげたのも、刺激になって出るようになった考えています。ぜひあきらめずに、赤ちゃんのためにも、完母に挑戦してあげて欲しいと思います。