母乳が出ない

母乳で育てるならタンポポとハーブティーを飲むと良いよ

タンポポコーヒー

 

マッサージはやり方を間違えると、バストが小っちゃくなるよ。


そこで他に、すぐにできる簡単な方法はないか、いろいろ調べたけど、やっぱり効果的なのは水分補給

 

体に潤いを与えるお水が不足するのが一番だめですね。

 

 

「そんなに大事なの?」

 

「母乳を出す秘訣は水分をしっかり取ることが大事だけど、自分が思っているよりも不足してるよ」。

 

しかも母乳は水分が多いから、出産前よりもかなり多めに水分を取らないと不足しちゃいます。妊婦さんや授乳中はなおさら。夏場の水分不足は、熱中症のリスクが増します。

 

「でも、水分補給って、イマイチ、飲めないですよね」。

 

そこで肝心の水分補給の取り方に、一工夫しました。

 

ハーブティーでリラックス

普通のお茶やコーヒーはカフェインがたっぷり入っているのでダメ。

 

寝ちゃいけない受験生なら良いのですが、ママにも赤ちゃんにも興奮してリラックスできない。

 

 

そうなんだ。

 

母乳の授乳には飲みやすく安心なカフェインなしの水分補給が欠かせません。

 

ほとんど母乳は水分で出来ているので、体内の水分が不足すると母乳が出づらくなってしまいます。私のように白湯を飲んで吐き出すのは止めてくださいね^^;

 

はじめて試してみるなら、私はやっぱり雑誌で多く取り上げられているこれ。

 

 

おかげで私は、すっかりたんぽぽコーヒーのファンになりました。

 

ただ味に飽きが来てしまうのが難点、それで私はハーブティーも組み合わせます♪


 

 

赤ちゃんのぐずりの原因はカフェイン

お茶や珈琲(コーヒー)、紅茶にはカフェインが含有していて、母乳を与えるときに、母乳にもカフェインが含まれてしまうことがあるって、ご存じでしたか?

 

カフェインで眠れなくなったり、赤ちゃんだとご機嫌が悪くなったり、ぐずってしまうことも。でも、水道水は、なかなか飲めないし、ミネラル分も少ないしね。

 

だから私はカフェインが入っていないタンポポ茶のファンになりました。飲みやすいのもあるけど。

 

「だったら水道水で良いんじゃない?」ってママがいるけど、水道水をそのまま飲むのはやめて欲しい。

 

いちばん困るのが、知らずにカフェインを摂取しているとき。大丈夫ですか?

 

問題はまだあります。それが水道水。

 

水道水は化学薬品が添加

化学薬品入りの水

 

ドキットしますね。

 

水道水には、次亜塩素という化学物質が殺菌のために添加されています。

 

母乳を与えているママは、水道水は避けてミネラル分を含んだ飲用水が安全で美味しく良いでしょう。

 

生水(なまみず)は母乳に限らず避けたい。

 

水道水を飲む場合は、やかんに水を入れてフタを開けて5分以上、沸騰させると塩素がある程度は除去できます。

 

活性炭などでろ過しても、有害物質が除去できるのでやって、ぜひ水道水を飲む時はやってください。

 

 

これで安心・・・と言いたいところですが、1つ注意点があります。

 

塩素など有害物質を除去したら、雑菌が繁殖しやすくなるので、冷蔵庫に入れるかすぐに飲むようにしましょう。1日放置したら、夏場は水が腐り始めます。

 

「だったら、ミネラルウォーターを買えば?」

 

それも、めんどくさいです。

 

ミネラルウォーターは重いし、プラのゴミが増える。

 

私ならこれ。→ ウォーターサーバー