おっぱいが飲みづらい

おっぱいが飲みづらいのはわざと?

飲みづらい赤ちゃん

新生児の赤ちゃんは、おっぱいは飲みづらいのが普通です。

 

乳首に吸い付く赤ちゃんは、母乳を吸うにはかなりの力が必要になります。まだ吸う力が弱い赤ちゃんは、そこで泣いてしまうこともしばしば。

 

そこで母乳が出ないからかな?と、ミルクを安易に与えてしまうと、母乳はどんどん出なくなり、赤ちゃんも力がほとんどいらない哺乳瓶で飲むことになれてしまいます。

 

鍛えられる

そうなれば吸う力は発達せず、安易な方に流れてしまいます。

 

顎の力などの発達の為に、わざと母乳が出づらいようになっているとも言われています。理由があって、母乳が飲みづらくなっているのです。これは鍛えられて、言葉を話す前段階のトレーニングにもなります。

 

母乳とミルクの混合などをする方も多いので、できればメーカーさんにお願いなのですが哺乳瓶も、もう少し飲みづらくして欲しいものです。

 

一緒に読まれています。
どうする? 妊娠線が気になって水着が着られなくなった時
おっぱいの垂れを予防
体型維持の育乳サプリ
安全なお水