粉ミルクについて

粉ミルクが登場する前とメーカーについて

粉ミルク

当然ですが、粉ミルクメーカーは母乳ではなく、粉ミルクを使って欲しいのです。できれば100%粉ミルク赤ちゃんにしたい企業論理が働きます。

 

そのため、粉ミルクを出産直後から使ってもらおうと、無償提供したり様々なキャンペーンや病院への補助などをしています。海外では各医師にも資金提供をして、問題になったくらいです。

 

出産直後に、楽な粉ミルクに赤ちゃんを慣らしてしまえば、吸うのに力がいる母乳なんて飲みたくなくなります。それを見越して、出産直後に粉ミルクを与えてしまえば、母乳育児は困難になります。


スポンサーリンク

後戻りができない

粉ミルクを母乳が出ないからと、安易に与えてしまえばもう後戻りができないかもしれません。特に最初が肝心。

 

粉ミルクにしてしまうと、体重が増えたママの体型も戻りづらくなります。(母乳ダイエット

 

病院ではある程度母乳が出ていたのに、急にでなくなった場合

 

普段は母乳がでていたけど、最近ちょっと出が悪いという方は、水分補給が足りていますか?
すごく単純なことで、母乳がでないケースが意外と多いと感じでいます。

 

水は、母乳を生成するのに必要な原材料の1つです。
水分の補給は必須だと考えてください。

 

水分補給も大切ですが、赤ちゃんに、出来る限り母乳を吸ってもらいましょう。
難しいメカニズムは割愛しますが、乳房の周りに刺激を、赤ちゃんに与えてもらうと、母乳が出てくるようになります。

 

中々でなくても、自力で吸うようにしてもらいます。
これは大切です。

 

混合乳という方法もありますが、一度粉ミルクに以降し始めると、母乳の出がどんどん低下する可能性があります。
母乳を続ける事は、実は赤ちゃんの為だけではなく、お母さんにとってもすごいメリットがあります。

 

もし出産で体重が増えた場合、母乳を与え続ける事で、体重がどんどん出産前の状態に戻ります。
母乳はそれだけお母さんの体から、栄養分を絞り出しているからです。

 

あかちゃんにも、頑張ってもらいましょう。

 

刺激でホルモンが分泌

母乳は出産直後から多く出る場合もありますが、個人差でなかなか出ない場合もあります。
しかし、出が悪いからということで、ミルクにすぐに以降すると、その後はさらに出が悪くなりミルクのみで育児をする流れになります。

 

母乳は赤ちゃんが飲むときに、乳首を刺激することで出るようになります。そして欲しいだけ飲めば飲むだけ出るようになります。
そのような機能が本来は、ママの体に備わっています。もしミルクのない時代に母乳がでないと、大切な赤ちゃんはとんでもない悲劇になります。

 

 

乳首・乳房への刺激が減少すると、母乳はどんどん出ない方向に向かいいます。また、母乳を与えるということは、赤ちゃんとママの肌と肌の接触で、コミュニケーションをとることです。

 

長い間、一緒にいた二人が急に離ればなれになったのですから。大変な時もありますが、少し長い目でみれば、ストレス発散にもなります。水分補給は、しっかり摂っているけど出が悪くなった方は別の問題です。ストレスや食生活に問題がある場合もあります。

 

※注 赤ちゃんが、お腹を空かせて頑張っても母乳がでないなら、粉ミルクを使うのも大切です。

 

 

粉ミルクは最後の砦として、できるだけ後回しにするのが良いでしょう。どうしても出ない時に、粉ミルクは心の支えになるのでいざと言うときは、粉ミルクがある!と思えば、ストレスが軽減されてて出やすくなる可能性が高くなるでしょう。(何をやってもでない時