乳頭の形が異常

乳頭の形が異常だとダメ?

授乳

乳頭が小さいと引っかかりが少ないので、最初は赤ちゃんがしっかりと舌を絡めることが出来づらいですが、慣れてくれば上手に飲んでくれるようになります。それまで少し時間がかかります。

 

あまり焦らずに、じっくりかまえることが大切です。

 

反対に乳頭が大きいのも問題があります。それは、乳頭が大きすぎると、しっかりと口でくわえることが出来にくい。これも赤ちゃんにがんばって慣れてもらうまで待つことです。

 

赤ちゃんは、最初はうまくできないですが、適応能力が高いので徐々にそうやって成長していく姿を見られるのも楽しみの1つ。


慣れれば飲める

扁平や陥没タイプも、同様に赤ちゃんが少し苦労すると思いますが、慣れてくれば上手に飲めるようになります。それまでは上手く飲めないので、赤ちゃんのほうがぐずることがあると思います。

 

陥没のタイプの場合は、妊娠中に乳頭吸引器で改善することが可能です。

 

一般的に正常範囲の方は6〜7割と言われていますので、3〜4割のママの方が、おっぱいに何らかの問題を抱えていることになりますので、過度に心配しないことです。

乳頭保護器

 

これらの知識は、出産前の段階で頭の中に入れておくと、いざというときになって慌てなくてすみ心にゆとりを持てますので、他の項目も参考にしてください。
育児の豆知識
おっぱいの垂れ予防
育乳サプリ
どうする? 妊娠線が気になって水着が着られなくなった時