母乳が出ないならバランス栄養食

食事はバランス 母乳によい食事とは?

母乳が出すぎたり、不足する要因の1つとして食事のバランスが悪い可能性があります。

 

母乳は血液で作られるのですが、その血液の成分バランスは、食生活によって障がいが起きているとも考えられます。

 

そこで忙しい方も、赤ちゃんや母体の為にバランスの良い食事、特に和食がおすすめ。高脂肪な食事は避けるべきです。ファーストフードなどは、特に避けたい物です。

 

栄養の偏りが気になる方なら、短期間でもバランスの良い食事の宅配を活用すると助かります。

 

エッ!こんなに美味しいディナーセットが【400kcal】!

 

栄養バランスがしっかりしているので、毎日食べると体調が良くなると思います。

 



和食はヘルシーメニュー

和食は、授乳中は特にヘルシーでおすすめ。

 

もともと和食は、肉系が少なく、豆類などの植物性タンパク質を多めに食べるので、脂質が少ないのが特徴。

 

食生活によっては母乳がサラサラしたものや、どろっとしたものまで出ます。赤ちゃんが好きなのはサラサラタイプ

 

母乳は血液から作られるので、肉食系で油が多い調理法や脂質が多い霜降り肉など、コレステロールが多いものは要注意。

 

血液がドロドロになると、母乳にも悪影響を与えてしまいます。赤ちゃんが母乳を嫌がる理由の一つとして、この母乳の質があるからです。

 

バランスの良い食事は、赤ちゃんにもお母さんの体にも良いものなので、できるだけ授乳期間の間に、肉食系だった方は改善してみてはいかがですか。

 

この機会に、食事や栄養について学ぶと良いかもしれません。

 

こちらでお探しの情報が見つかるかも記事一覧