おっぱいを嫌がる

よくむせてぽっぱいを嫌がるようになりました。

授乳

完全母乳ができていたのに、ある日を境にしてぽっぱいを嫌がるケースがあります。

 

とくに哺乳瓶で何度か飲ませたことが原因の場合があります。もともと乳首をくわえて飲むのは、赤ちゃんにとってはかなり大変なことです。

 

くわえて飲むのには、かなり吸う力が必要になるのです。

 

だけど哺乳瓶は、すごく楽に吸うことができるような構造になっているので、あかちゃんとしては一度楽な事を覚えてしまうと、もうしんどい母乳は嫌になってしまうことがあります。

 

大人も同じだと思いますが、一度楽するともう大変なことはやりたくないですよね。


スポンサーリンク

生まれながらの本能

それと全く同じ事を小さな赤ちゃんが本能で分かってしまったからです。でもある程度、お腹が空けばおっぱいを飲むはずです。そこでまた楽を覚えてしまうと、どんどん嫌がります。そこをママが我慢できるかどうかです。

 

そういう時に限ってたくさん出てしまうので困ったものですね。お仕事などの関係で、おっぱいを上げられない事情があればそれは仕方がないと思います。

 

それをストレスに感じてしまうと、今度は母乳が出づらくなるかもしれないので、もっと気分を気楽持つ事が大切ですよ。1〜2ヶ月もしっかりと上げていればかなり、免疫力などにも貢献しているはずなので、あまり心配しないで♪

 

おっぱいの垂れを予防

体型維持の育乳サプリ

安全なお水