水太り

水太り 体の60%は水です

水

体の60%は水です 。

母乳に必須の成分はお水

 

人間の体を作っている物質の中で一番多いのは水。平均的な体重の成人でも約60%は水分。幼児や子どもでは80%が水分です!

 

この体の中にある水の多くは細胞内に蓄えられていて代謝などを行う時に使われています。人体における水の割合は、細胞70%以上、筋肉 約75〜80%、皮膚 約72%、血液 約8%などです。

 

想像以上に水を占めていることを知ってビックリしました。

 

人は4〜10日水を飲まないと死んでしまうと言われていますよね?それほど水が体内で果たしている役割が大きいということですね。


スポンサーリンク

体の中の水の働きは

体の中の水の働きは

 

水の働き

 

  • 血液やリンパ液の流れをスムーズにして体内に栄養を運びます。
  • 体温維持や血圧調整を助けるとされているミネラルのバランスを保つと言われています。
  • 体温調整(気温が高い時は体内の水を汗として放出するので体を冷却します)
  • 体内に栄養素と酸素を運び、不要な成分を排出する手助けをしています。
  • 肌に水分を与えて、しなやかさと張りを与えてくれます。
  • 目や口、鼻孔に潤いを与えてくれ器官の正常な働きを促し体を快適に保つ働きをします。
  • 小まめに水を飲むことによって喉の渇きをいやします。満腹感を与えるので食欲をおさえるといわれています。

 

一緒に読まれています。
母乳育児をするならノンカフェイン
おっぱいの垂れを予防
体型維持の育乳サプリ