母乳で虫歯になる?

母乳で虫歯になるのか?

虫歯菌

母乳を赤ちゃんに与える時、虫歯にならないのか心配される方がいますが、虫歯菌はミュータンス菌のことです。ミュータンス菌は、人の口腔内に存在していて、虫歯の原因になります。

 

生まれた赤ちゃんには、ミュータンス菌はもともといません。つまり虫歯の原因となる菌が全くいないことから、どれだけアメをなめてもケーキなどの甘いものを食べても虫歯にはなりません。

 

人が虫歯になるのは、虫歯の人が使ったスプーンやフォーク、お箸を使ったり、唾液、虫歯の人が食べかけの食事を食べた時に、ミュータンス菌に感染するためだからです。


スポンサーリンク

両親や旦那さんに注意

全く赤ちゃんの口の中には、虫歯の元になるものがいないため、母乳を飲ませても虫歯にはなりません。良くありがちなのは、両親やおばあちゃん、おじいちゃんが使った食器を共有したり、口移しなどによってうつるから虫歯になります。

 

大人になっても全く虫歯にならない人は、子供の頃からミュータンス菌に感染していないため、歯磨きをしなくても虫歯にならないためです。ただ、歯垢などが残留していると別の菌によって口臭がすることがあります。

 

ですので母乳が出る限り、安心して赤ちゃんに母乳を与えて上げて下さい。くれぐれも口移しなどにはご注意下さい。

 

一緒に読まれています。
おっぱいは魔法水
ノンカフェインの水分補給なら
体型維持の育乳サプリ