大人ニキビの特徴

大人ニキビの特徴

大人は思春期と違い、おでこなどTゾーンを中心にできやすいニキビとは異なり、背中や胸元など様々な場所にも出来やすい特徴があります。

 

子供の頃は成長過程で皮脂の排出が上手くできずに、毛穴に皮脂が溜まってニキビ菌のエサになっています。

 

一方、大人になってからできるのは、ストレスや食生活、睡眠不足が体に与えるダメージが大きくなり、ホルモンバランスが崩れると出来やすくなります。

 

また職場環境が、乾燥しやすいエアコンを使っていると、乾燥肌になりやすくニキビの原因となります。(詳細:乾燥肌ニキビ

 

それだけではありません。

スポンサーリンク

メイクがニキビを育てる!

大人ニキビの特徴

 

大人になるとメイクをする機会が増えます。

 

そうなると肌へ負担が増加してニキビが出来やすくなります。毛穴にメイク落としが不十分で残り、皮脂の分泌を止めてしまいます。それがニキビ菌の栄養源となってしまいます。

 

まさにメイクがニキビ菌を養殖しているようなもの。しかも仕事帰りで疲れてメイクも落とさずにバッタリ倒れ込んでしまうと、肌の疲れが取れません。

 

どんどん肌の調子が落ちていき、そこでニキビケアを始めても元の肌力に戻るのに時間がかかります。

 

しかもそれでニキビが増えてしまい、また厚めのメイクで隠してしまう。その悪循環がさらに悪化させてしまいます。

 

厚めにしなくてもニキビは隠せます。

ニキビを1日で治すメイク術

 

「ニキビケアの効果がない。」という方は、今一度、自分の肌の状態を確かめてみましょう。

 

ニキビを早く治すには?