妊婦の肋間神経痛と激痛

妊婦の肋間神経痛の激痛|治し方と症状についてのまとめ

胸の痛み

 

ズドーンとする激痛が走りました。
ときには針で刺されたような痛みを感じるときもあります。

人によって症状は様々なので、友達と違うのは別におかしくはありません。

 

でも、まさかこれほどの苦しいものだとは思いませんでした。

スポンサーリンク

肋間神経痛の症状

肋間神経痛の症状は人によってまちまちです。

 

  • ちょっと息を吸うだけで、胸がチクチクあるいは刺すような痛みで動けなくなる人も。
  • しんどくて少し横になっていたら、背中に痛みを感じて、息苦しくなることもあります。
  • くしゃみをすると強い痛みを感じる。
  • 肋骨に沿って激しい痛みを伴うケースも。

 

このような症状があれば、肋間神経痛の可能性があります。

 

妊婦さんがみんなが痛むわけではないので、友達の間でも共感されないこともあります。

 

妊婦さんは、普段の生活でさえも体を動かすのが大変なときもあります。しかも個人差が大きいので、同じ同姓からも理解してもらえないこともしばしば。

 

その上、肋間神経痛で辛さが増してしまうと、誰にも相談できてくて泣きそうなときもあります。

 

痛みの度合いは人によって、かなり差があるので経験者の意見が見当違いな場合もあるので、周りの意見やアドバイスだけを鵜呑みにしないことです。

 

実際に自分が同じ痛みになってみないと、理解できないのがこの痛みの症状です。

 

痛みの原因

 

この胸やその周りの痛みの原因は、実は今の医学でも明確には分からないです。

 

おそらく体の変化やストレスが元になって、肋間神経を刺激されることで痛むと予想されています。

 

ただ原因が分かっても、妊娠中は薬なども制限されるため、治療も難しくなりますね。まずは産婦人科で症状を伝えて相談しましょう。

 

もし他の内科などに行かれる場合は、妊娠中であることを必ず伝えてくださいね。

 

この痛みは出産後は、収まる方が多いのも特徴の1つですが、希に痛みが残るケースもありますが、それは狭心症など別の病気の可能性があるので、自己判断は避けた方が無難です。

 

気になる情報が1つあります。

 

この痛みはダイエットをした方に多い傾向にあります。

 

近年の女性の求める体型が痩せ形なのも、影響していると指摘される方もいらっしゃいます。

 

 

生活の注意点

 

体に過度の負担がかかるようなことは避けましょう。

 

例えばスーパーで重い荷物を持って運ぶなどは、できるだけ避けた方が良いでしょう。週末に旦那さんに買ってきてもらうのがベスト。

 

私もどうしても辛いとき、買い物リストを渡していました。子供が大きくなってから、週末は必ず旦那と一緒に買い物に行くのが習慣になりました。

 

あのとき、自分で買ってきてくれたおかげで、主婦感覚で安いものを選んでくれるのは助かります。チラシも私よりもチェックするのに驚きました。女子力高すぎ(^^)

 

最近多いのが、ミネラルウォーターなどをまとめ買いされるケース。うちの旦那がぎっくり腰をやってからは、かなりまとめると重いので、ネット通販などを利用するようになりました。

 

これからの出産や母乳のために、安全なお水を飲みたい方は、ウォーターサーバーをレンタルして飲む人も増えています。

 

自宅まで届けてくれる>> ウォーターサーバー